平沢進 INTERACTIVE LIVE SHOW「WORLD CELL 2015」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 去年の話を今更という感じはしますが、twitterのほうに上げた画像は埋もれていってしまうので、こちらにもupがてらの報告です。
 今回のスケジュールに関してはとにかく、なんとかCG素材が間に合って良かったなという......w
 今までで一番制作期間が短かったんじゃないかと思う。

worldcell2015_1.jpg

 WORLD CELLや橋(谷)に関しては、インタラクティブライブ開催が決定した時点で登場確定だったので、わりと早々に着手できたんだけど、本編のストーリーが仕上がって来ないとね、最終的な絵作りが出来ません。
 とはいえマルチエンディングのシナリオを書くのって想像以上の大変さがあると思うんですよ、それに並行してステージ全体の演出を構想したり、関係各所に連絡したり諸々の仕事をこなしていくと、平沢さんいつ眠れるの?という。
 色々あって台本が仕上がってきたのがライブまで一ヶ月半切ったあたりで、クロマキー撮影が3週間前ね。

 そのスケジュールは無理だ...... あり得ない......

 過去向く士さんも未来から時間遡行してきたっていうなら、僕の所にも予めライブのマニュアル送ってきてくださいよ!!

worldcell2015_2.jpg

 WORLD CELLのCGについては17年前の自分がした事とはいえ、拙い仕事が嫌で、デザインを変えたかったというのが正直な所。しかし舞台設定上そういうわけにも行かず。
 とにかく昔は下描きもせずに雰囲気で適当に作ってたので構造の辻褄がまるで合ってないわけでして。

 なにこの油圧シリンダー風の役に立たない棒...17年前の自分を殴りたい......

 せめて実際にあれが動作した場合に破綻の無さそうな機構にしたいなと、細部の形を全面的に作り直しました(とはいっても結局は謎のパワーで空中に浮いてますけどね!)。
 質感も平沢さんの要望により、錆びて古びた感じに変更。叩いたら鉄の鈍い音がしそうな感じになるといいなって。時間が許せばもう少し細部も写実的にしたかったですけど。

 ところであのWORLD CELL。誰がどういう技術力で建造したのかも謎ですが、大昔から、少なくとも第二次世界大戦より前、もっとずっと以前からあの場所に存在するんですよね。
 だったらやっぱりもうちょっとレトロっぽいデザインでも良かったんじゃないかな。

コンピに参加させていただきました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 GatlingTune様からiTunes Storeで配信の「ボカロのパレード feat.初音ミク」に星音残像石で参加しております。
 再ミックス・マスタリングで素敵に仕上げて頂きましたので、よかったら聴いてみてください。
http://vocaloparade.com

 収録曲はポップスやクラブミュージックやオルタナ系など多彩な印象です。

 最初にコンピ収録のお話を頂いた時に(僕の曲の再生数とか人気度からして)大丈夫なんでしょうか...
 と思ってしまったんですけど
 実際のところ、1トラック毎の音源から丁寧に再ミックスして頂きまして、尚更そこまでしてもらって大丈夫なのかという気持ちに。
 僕の素人ミックスでは埋もれがちだった音も綺麗に聴こえます。
 ありがとうございました。

 そもそも自分は音の基本が分かっていない為、エフェクト等も滅茶苦茶に挿してあって素材の段階であまり音が良くないので、扱い辛かったのではという気掛かりも。お手数かけました。

 個人的に感じた細かい事としては、低音上げ気味になった事でオケの聴こえ方も結構変わってきて、これならベースのメリハリをもう少し付けたほうが良かったとか、808系スネアの響き方やシンセリフの何箇所かを修正したいなとか思ったりしましたが。
 今更もう遅いのデース...

不確かに翳る V3

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 2012年に投稿したボカロ処女作ですが、全体的に音が篭っていて、
 新しいiPhoneのイヤホン(EarPods)で聴いた時などに低音が気持ち悪かったので、直せる所だけは直したいと試みた結果。

 ついでといってはなんですが、歌もV3ミクさんで新たに調声し直しました。

 これを作った頃はボカロのみならずDAWの事もミックスのこともまるで分かっていなかったため
データの作り方が酷くて、修正でなんとかしようとするのではなく、イチから全部やり直さないと駄目な気もしました...w

星音残像石

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


 初音ミクさんの動画二作目です。今回は、キャラクター・イラストを中川悠京さんに描いていただきました。
 中川さんとは2006年の平沢進インタラで「白虎」の絵を描いていただいて以来の、7年ぶりの動画コラボです。
 「せいおんざんぞうせき!」と読んでください(かっこいいポーズで)
 絵本のような雰囲気を出したかったのですが、リズムは若干派手めでアップテンポだし背景やオブジェは私のCGだし、結果としては割と硬質な、というか相反する要素が同居する動画になりました。手描き絵と馴染ませる為にCGのほうへ色々加工を加えていますが、ほんとに馴染んでいるのか?です。もう少し思い切って手描きっぽいテクスチャを乗せていっても良かったかもしれません。

 音のほうは相変わらず素人ミックスですけど、ツイッター上で有志の方々(深夜に起きてる勢)にモニターしていただきつつ、修正してゆきました。GarageBandで頑張りました。
 まだまだヘタクソなのです。もっと頑張ります。

 前回とは心を入れ替えて、ややポジティブな歌詞になっていると思います。しかし結局、美少女と男の子がどうのこうの的な話になるのは、私の病気のような。

 元々は前作の男の子が×を押さなかったほうのお話として考えていたんですが、プロットと歌詞を進めるうちに雰囲気を変えてみたくなり別の世界の話に。
 星空+レトロSF風味+クラロリ+ジュブナイルな感じに仕上げてみました。
 観て・聴いていただけると嬉しいです。


平沢進インタラクティブ・ライブ2013

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 1月24~26日の3日間、渋谷公会堂にて行われた平沢進インタラクティブ・ライブ2013。今回もCG制作で参加させていただきました。ありがとうございます。

intra_2013.jpg


 前作までのスタイルと変わり、スクリーンが背後に移動し、照明や舞台美術を用いた演出がより際立つ形に。
 そしてストーリーの進行役となる、折茂さんの演じるサンミア様が美しく格好良かった。

s12_matome.jpg

 自分の担当箇所については反省点や思うところは多々あり。今回は準備期間がとても短く、写実系のCGをやるには厳しい状況で......
 ディテール・モーション・カメラワーク全て雑にならざるを得ないし、あまり凝ったこともできない。仕上がりに不満があっても、とにかく作業を先へ進めないとストーリーに穴が空く、という。(∑-12さんの顔などは、できることなら丸ごと作り直したかった)

 そもそもいまどき3Dゲーム以下な出来のCGムービーをただ流したところで別段目新しさもないし、どうなんでしょうねとは常々ブツクサ申し上げている次第。

 期せずしてなにやら愚痴っぽいテイストに。ごめんなさい。

 しかし平沢さんはそんな事など承知の上で、個人の裁量でコントロール可能なガジェットを組み合わせ、誰も真似できない表現を生みだしてゆくのだと、結果としては今回もまざまざと目に焼き付ける事になった。そこにシビれる以下略。

 欲を言えば、もう少し叙情性のある映像も欲しかったとは思う。なにしろ今回は情感を削ぐ事もお構いなしのシーンが多かったし。
 あまり具象的な映像よりも、観た人が新たにイメージを喚起できるようなものがホントは理想なんですが。

 などと、そんな一人反省会で〆ます。